マンション購入でお買い得度が高いエリア・駅を考察。<首都圏全体版>|新築マンション購入情報ガイド

「マンション購入でお買い得度が高いエリア・駅を考察。<首都圏全体版>」の情報をピックアップ。あなたのマンション購入のご参考にお役立て下さい。

トップページ > 02:マンション探訪レポート&購入情報・コラム > マンション購入でお買い得度が高いエリア・駅を考察。<首都圏全体版>

マンション購入でお買い得度が高いエリア・駅を考察。<首都圏全体版>

「お買い得指数」でマンション購入にお得なエリアを見つける。

週刊朝日08年3月21日号に、独自指数「お買い得指数」を考慮したマンション選びが載っていた。

お買い得指数(マンションPER)というのは、その駅周辺のマンション平均価格を1年間の家賃で割ったもので、この数値が小さければ「お買い得」で、大きければ「お買い損」ということになる。
例えば、マンションPERが、「マンションA:19.9」と「マンションB:26.1」だとすると、「Aは約20年で元を取れ」、「Bだと約26年掛かる」、という計算になって、Aの方が「お買い得は高い」ということになる。

また、去年(06年)の数値と比較して見て、マンションPERの数値が下がっていれば、「お買い度」が上がって、上がっていれば「お買い度が上がっている」ことになる。

同誌によると、東京及び首都圏のマンションPERランキング上位は、


となっている。
当サイトでは、この指数を参考に、さらにもっと整理してみたいと思う。

お得度最高ランク駅と準最高ランク駅。
今年のマンションPER自体と、昨年との差の双方を比べてみてみると、特に、注目するべき駅は、2つのグループに分けることができる。

■Aグループ:お得度“最高ランク駅”
Aグループは、「マンションPERランキング上位(100位以内)でありながら、去年とのPER変動が10以上の駅」をピックアップした。
マンション購入に関して、お買い得度が最高のエリアと言え、今年のマンション購入において、特筆すべきエリアであると考える。



■Bグループ:お得度“準最高ランク駅”
Bグループは、「ランキング上位でありながら、去年とのPER変動が、5以上10未満の駅」をピックアップしており、Aグループに次いで、お買い得度が高いエリアで、注目に値するエリアであると言える。


+++++++

上記2グループに属する駅は、首都圏において特筆すべきエリアであると言えるので、マンション購入・資料請求などの時の一考に値するものと考える。

次回の記事では、各エリアごとの特筆すべき駅をピックアップしてみたいと思う。

“各エリア・駅編”に続く。
(参考:週刊朝日08年3月21日号)

◆ あなたが探してる新築マンション・一戸建ては、どちらのエリアですか? ◆

新築マンション検索メニュータイトル
駅別に新築マンションを探す
市区別に新築マンションを探す
新築マンションを新着順で探す
首都圏以外の新築マンションを探す
注目の新築マンションズ
マンション探訪レポート&購入情報・コラムリンク
02:マンション探訪レポート&購入情報・コラム
記事リスト
人気新築マンショントップ10
マンション購入お役立ちリンク

当サイトについて・免責事項 | お問合せ |  リンク1
Copyright 2008-2009 新築マンション購入情報ガイド All Rights Reserved. / Powered by Movable Type